Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム 中目黒の代表トレーナー松本です!

今回は便秘についての内容になります!!

便秘とは?

便秘の原因は様々ですが、「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。

便秘による身体への影響

大便は食事をして栄養を体内に吸収した後の残り、つまり老廃物です。
老廃物の塊であるため、体外に早く出す必要があります。
便秘になると、排泄物が体内に留まるため、有害物質が発生してしまいます。
通常は有害物質が発生した直後、または発生する前に便として体外に排出されるので体には大きな影響は及ばさないですが、便秘によって止まってしまうと有害物質が血液の流れにのって体の中を巡ってしまいます。
そして、毛穴から有害物質を出そうとするため、体臭であったり吹き出物として現れます。
つまり、便秘は体臭や肌荒れの原因になるわけです。

また有害物質である悪玉菌は癌の発症リスクを高めてしまうため、大腸癌などになりかねません。

このように慢性的な便秘は病気になりやすい他にホルモンバランスも崩しやすく、メンタル部分にも影響を及ぼします。
「自律神経の乱れ」によるストレスや頭痛、最悪の場合うつ病などと精神的な病気にも繋がります。

便秘を改善するには?

お水をよく飲むようにする

成人の方は歩く、寝る、トイレに行くなど生活しているだけで約2ℓもの水分を失うと言われています。
2ℓの水分を摂取しなければ体内の水分が少なくなります。
水分が少なくなる事で食欲不振や疲労感であったりカチカチの便になってしまったりと様々な影響がでてしまいます。
水分を摂るだけでも便秘対策になる為、毎日2ℓは水分を摂取するように心がけましょう!

運動をする

便秘の原因として運動不足による体力・筋力低下が挙げられます。
適度な運動を習慣化するだけで便秘の改善が見込めます。
ウォーキングや筋力トレーニングをすることで腸内に上下左右の刺激が入り便の滑りが良くなります。

また筋肉は年齢とともに低下してしまうので筋力トレーニングもオススメです。
特に便秘に関わる筋肉が腹筋です。
腹筋が衰えてしまうと便を押し出す力が弱まり便をうまく排出するのが難しくなってしまいます。

自律神経を整える

自律神経が乱れると便秘になりやすい他に不安、緊張感などから吐き気や体のだるさ、めまい、不整脈といった様々な症状が現れてしまいます。
それらを防ぐためには、交感神経と副交感神経がバランス良く働くことが大切になります。
まず簡単なことから始めましょう!

早朝に太陽光を浴びてランニングやウォーキングをすることで「セロトニン」が分泌されます。
このセロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、セロトニンの分泌量が多いとストレスの緩和やイライラ解消など様々なメリットが生まれます。
セロトニンにより自律神経が整いやすくなり、便秘解消やうつ病にかかりにくなど様々な症状を抑えてくれるので、まずは早寝早起きをして太陽光を沢山浴びてみましょう!

パーソナルトレーニングジム

CHANCEGYM

住所: 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS NAKAMEGURO 3F

「中目黒駅」より徒歩3分

「祐天寺駅」より徒歩7分

「代官山駅」より徒歩9分

TEL: 03-6451-0025

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です