Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム代表トレーナーの松本です!

ダイエットの天敵とも思われがちなチョコレート。しかし、そのチョコレートに、実はダイエットを手助けしてくれる効果があるのです!

その他にも、チョコレートには嬉しい様々な効果が期待できるといわれています。

今回はそんなチョコレートについて解説していきます!!

チョコレートの『カカオ』とは?

チョコレートは、カカオ果実の種子であるカカオ豆からできています。

このカカオ豆を発酵・乾燥させローストし、すりつぶしてペースト状にしたものを『カカオマス』と言い、このカカオマスと、カカオマスから搾った『カカオバター』によってチョコレートはできています。

カカオ豆には、さまざまな成分が含まれています!

【カカオ豆に含まれる主な成分】

  • テオブロミン
  • ブドウ糖
  • 食物繊維
  • ビタミン
  • ミネラル類
  • タンパク質
  • アミノ酸
  • 脂質
  • 炭水化物
  • 糖分

この成分のうち、注目すべきは『カカオポリフェノール』です!

ポリフェノールは、赤ワインに多く含まれる成分としてよく知られていて、血管を丈夫にし、血流を促進する働きがあるとされています。

このポリフェノール、食物から摂取するのは難しい成分としても知られていますが、チョコレートにはなんと、この赤ワインよりも豊富なポリフェノールが含まれているといわれているのです!

チョコレートダイエットの効果

食欲抑制

人はお腹がすくと、“お腹がすいた”という信号を脳に送るために血糖値が下がります。食事制限によるダイエットの場合、この血糖値の低下が命取り。

血糖値が下がると頭の中が食べることでいっぱいになり、食事制限をしているにも関わらず、我慢できずに食べてしまうといったことが度々起こります。しかし、それではダイエットは失敗してしまいます。

チョコレートの主な原料である『カカオマス』『カカオバター』は、主に糖分と脂肪でできているため、摂取すると一気に血糖値が上がります。

食事の前にチョコレートを摂取し血糖値を上げておくと、脳の満腹中枢が刺激され食欲を抑制する効果があるため、食事制限ダイエットでの食べすぎ、日ごろの食べすぎを防ぐことができるといわれています。

便秘解消

チョコレートには、便秘解消効果にいい食物繊維が豊富に含まれています。

特に、チョコレートに含まれる『リグニン』という食物繊維は、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通と腸内環境を整えてくれる効果が期待できます!

むくみ解消

女性の多くが悩みを抱えている『むくみ』は、血行不良もその原因の一つと言われています。

特に、デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢を続けるような仕事をしている人は、血流が滞り、むくみを引き起こしてしまいがちです。

むくみは慢性化すると『セルライト』と呼ばれる皮下脂肪がつく原因になってしまうので注意しなければなりません。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血行を促進する働きがあるため、むくみを防止してくれる効果が期待できるといわれています!

冷え性改善

チョコレートは、カカオポリフェノールにより血流が促進されることで、女性の天敵でもある冷え性を改善する効果が期待できます。

基礎代謝アップ

カカオポリフェノールには、血液中のコレステロール値を下げる作用があるといわれています。

血液中のコレステロール値が下がると血液がサラサラになり、脂肪を燃焼させるための酸素が十分に運ばれるようになることから、基礎代謝アップの効果が期待できるといわれています。

基礎代謝とは、呼吸をしたり、心臓を動かしたりと、生きていくために必要なエネルギーのこと。運動などをしなくても常に消費されるエネルギーです。

そのため、基礎代謝がアップすれば、エネルギー消費量が増え、自然と痩せやすい体になります。

ストレス緩和

チョコレートに含まれる必須アミノ酸トリプトファンには、脳内のセロトニンを増やす作用があるといわれています。

脳内のセロトニンが不足すると、イライラしたり、気分が落ち込んだりといったストレスを感じる原因にもなりかねません。

「チョコレートを食べると幸せな気持ちになる」という人が多いのは、実はこのメカニズムが関係しているといわれています。

美肌やアンチエイジング

ダイエットにつきものな悩み一つに肌荒れがあります。

特に食事制限ダイエットは、肌を作るための栄養が不足することで、肌のツヤが失われ、肌荒れなどが生じる原因となることがあります。また、食べることができないストレスも肌荒れを引き起こす原因になりかねません。

せっかく綺麗になるためにダイエットをしているのに、そのダイエットが原因で肌荒れをしてしまうのは残念でなりません。

そこで、おすすめしたいのがチョコレートです。高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、抗酸化作用があるとわれ、肌の老化を促進する活性酸素を取り除いてくれる働きがあるとされており、それにより、ダイエット中にも関わらず、シミ・シワ改善、美肌効果が期待できます!

チョコレートダイエットの注意点

チョコレートの種類

チョコレートダイエットと言うからには、普段おやつなどで食べているような甘いミルクチョコレートなどでも良いのかと思われがちですが、決してそうではありません。

チョコレートダイエットで食べるチョコレートは、カカオの含有量が70%以上の高カカオチョコレートにしてください!

カカオの含有量の多いチョコレートは、ミルクチョコレートなどに比べ、ビターで濃い味わいが特徴です。

人によっては好き嫌いがあるかもしれませんが、チョコレートダイエットで効果を得るためには、この高カカオチョコレートであることが欠かせません。

食べる量

チョコレートダイエットでは、高カカオチョコレートを一日50gを目安に摂取します!

食べるタイミング

チョコレートダイエットでは、高カカオチョコレートを朝食、昼食、夕食前に食べるのがポイントです!

チョコレートの効果の一つである、食欲を抑制する効果が期待できます!

どのチョコレートでも良いわけではない

ミルクチョコレートと高カカオチョコレートでは、カロリー自体はそう変わりませんが、含まれている栄養素に違いがあります。

甘いミルクチョコレートのカロリーは、ミルクや砂糖に含まれる糖分が多くを占めていますが、高カカオチョコレートのカロリーは、カカオバターに含まれる脂肪分などによるものため、同じカロリーでもその質は全く異なります。

チョコレートによるダイエット効果は、カカオ豆に含まれる栄養素によって得られるもののため、その効果を期待したいのであれば、カカオ成分の含有率が高いものを選ぶことが大切です。

また、このカカオバターの脂肪分は吸収率が低いため、脂肪になりにくいという点でもオススメです!

食べすぎに注意

高カカオチョコレートなら、沢山摂取しても問題ないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

高カカオチョコレートの脂肪分は体に吸収されづらいとはいえ、全く太らないわけではありません。必ず適切な量を摂取するようにしましょう!!

パーソナルトレーニングジム

CHANCEGYM

住所: 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS NAKAMEGURO 3F

「中目黒駅」より徒歩3分

「祐天寺駅」より徒歩7分

「代官山駅」より徒歩9分

TEL: 03-6451-0025

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です