Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム代表トレーナーの松本です!

レモン水はダイエットにとっても効果的なのか!?徹底解説していきます!!

クエン酸が冷え性の改善や代謝アップに効果的

ダイエットには、レモンに含まれているクエン酸やリモネンなどの栄養素が代謝アップや便秘解消にいいといわれています。

また、豊富に含まれているビタミンCも摂取できるため、美しく痩せることができます!

代謝アップで脂肪燃焼促進

レモンに含まれるクエン酸は、体内で糖質の代謝を促す物質です。糖質の代謝をアップさせ、エネルギーを作り出す働きで、効率良くエネルギーを生産できます。

レモンには、エリオトシンというポリフェノールも含まれているため、脂肪を溜め込まない働きがあるともいわれています。

便秘解消でデトックス

レモンには食物繊維も含まれているため、食物繊維の整腸効果によってお通じが良くなり、デトックスにも効果的です!

レモンの香り成分でもあるリモネンにはリラックス効果があるとされているのです!

ストレスが多いときなどには、交感神経が優位になって便秘になりやすいのですが、リモネンによりストレスが軽減できるでしょう。

レモンの酸味が腸を刺激することでも、老廃物の排出が促進されます。

減塩効果でむくみ改善

レモンに含まれるクエン酸とは、酸っぱさの元になる成分です。

酸味が塩味を引き立ててくれるので、料理をするときにレモンをかけると、美味しさは損なわれずに食事に含まれる塩分を控えられます!

美肌に良いビタミンCが豊富

ビタミンCは、日焼けなどによって生成される「メラニン色素」が、肌に定着することを防ぐといわれています。抗酸化作用がある栄養素として高い美容効果があり、透明感のある若々しい肌の維持に役立つでしょう!

ビタミンCでストレスを緩和

肌荒れやニキビなどのトラブルには、ストレスが原因のものもあります。ビタミンCの抗酸化作用でストレスを軽減すると、肌荒れの改善にも繋がります!

消毒・殺菌

レモンには抗菌性が高いと言われています。そのため掃除などにも用いられる場合があるでしょう。

レモンとしてだけでなく、レモンに含まれるクエン酸として広く販売されています。

肌のシミ予防

レモンにはビタミンCが多く含まれています。その含有量は、ほかの柑橘系の中でもトップクラスと言われるほどです。

ビタミンCには、メラニン色素を減少させる作用があると考えられています。さらに抗酸化作用も高いため、肌のシミやそばかすなどを予防し、美白に導いてくれるでしょう。

疲労回復

レモンと言えば、疲労回復と考えている人もいるでしょう。それはレモンに含まれるクエン酸によるものです。

クエン酸はエネルギーを生成する作用があります。運動などで疲れた時は、レモンが効果的です!

リラックス・ストレス解消

レモンの香り成分には、脳内のα波を増やす効果が期待できます。α波には、脳をリラックスさせる作用があります。

特に、この成分は皮に多く含まれているため、皮も捨てずに活用してください。

血圧を低下させる

レモンにはポリフェノールなどの成分が含まれています。その成分によって、血管を丈夫にさせ血圧を低下させる効果が期待できるでしょう。

さらにコレステロールの上昇を予防する効果などもあると言われています。

体内時計を整える

レモンの酸味によって、交感神経を刺激することができます。そのため朝飲むことで、目覚めを良くする作用があるでしょう。

消化促進

レモンには消化を助ける作用があると言われています。さらに胃腸のぜん動運動を促進する効果も期待できるでしょう。食べ過ぎた時や胃もたれ時に摂取してください。

レモンには豊富な効果が期待できます。症状に応じて、レモンを取り入れると良いでしょう。

朝に1杯程度、レモン水を摂取すると良い!?

レモン水の作り方

  1. お水を沸騰させます。
  2. コップに200㎖程度注ぎましょう。
  3. レモンの果汁を5滴ほど加えます。

これでレモン水の完成です。ただレモンは刺激が比較的強い特徴があります。

胃腸が弱い方は、レモンの量を少なめに調節してください。体調をみながら、レモンを増やすようにしましょう!

レモン水の摂取方法

レモン水は朝摂取すると良いと言われています。10分程度時間をかけながら、ゆっくり摂取しましょう。

一気に摂取すると、刺激によって胃腸に負担をかけてしまう恐れがあります。また摂取のし過ぎは良くありません。1日1杯程度に抑えるようにしましょう。

レモン水を摂取する注意点

屋外での活動がメインの方は、朝の摂取はおすすめできません。レモンは紫外線に反応し、シミやそばかすの原因になる恐れがあります。

そのためレモン水を摂取した直後は、紫外線に当たらないようにしましょう。夜に摂取することで、疲労回復やリラックス効果を得やすくなります!

ダイエットのためには冷やさない方が良いでしょう

レモン水を冷やした状態で摂取する人がいます。冷やした方が飲みやすくはなりますが、ダイエットには向きません。

ダイエットのためには冷やさずに温めるようにしましょう。

冷やすと良くない理由

冷たい飲み物を摂取すると、胃腸の温度を下げてしまいます。その結果、代謝を落とす原因になってしまうでしょう。

ダイエットのためには代謝を上げることが大切です。そのため冷たい水分は控えてください。レモン水も温かな状態で摂取しましょう。

レモン水以外にお水を摂取する

レモン水は胃腸のためにも1杯程度が良いでしょう。そのため日常の水分摂取は、お水にしてください。お水はノンカロリーです。ダイエットには最適な飲み物なのです!

1日あたり1500~2000㎖摂取してください。常にお水を持ち歩くことで、効率的に水分摂取ができると言われています。いつでもお水が摂取できるような環境をつくりましょう。

ダイエット中にはレモン水が効果的?

レモンに含まれるクエン酸が新陳代謝アップをサポートしてくれると言われています

レモンはエネルギーを消費して脂肪を溜め込まない働きのあるクエン酸やエリオトシンなどの成分が含まれています。また、便秘の解消に役立つ食物繊維、ストレスの解消に便利なリモネンなど、ダイエットに適した栄養成分が豊富に含まれています。

レモンに含まれているビタミンCは、美しく痩せたい方にもぴったりの栄養成分です。ビタミンCには、シミの原因になるメラニン色素の定着を防ぎ、抗酸化作用により肌荒れを改善する働きもあります!

その他にも、疲労回復、リラックス効果など、さまざまな効果が期待できるレモンは、レモン水で気軽に摂取できます。レモン水を摂取することで、レモンの栄養成分の摂取と一緒に、代謝アップに繋がる水分補給もできます!

レモン果汁には痩せ体質になるホルモンを活性化する働きがあるとか! それは脂肪を燃焼させる働きがある痩せホルモン「アディポネクチン」。
レモン摂取量が多い人ほどアディポネクチン濃度が高く、このホルモンの分泌量が多いと運動したのと同じ脂肪燃焼効果が得られるそうです。

必要量は、毎回の食事中に約大匙2杯分のレモン果汁。アディポネクチンは肥満になるほど分泌が減るため、少しでも痩せて分泌を高めたいですね!!

パーソナルトレーニングジム

CHANCEGYM

住所: 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS NAKAMEGURO 3F

「中目黒駅」より徒歩3分

「祐天寺駅」より徒歩7分

「代官山駅」より徒歩9分

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です