Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム 中目黒の代表トレーナー松本です!

いきなりですが皆さん甘いものは好きですか?「ダイエット中だけどミスドが食べたい…」そんな時もありますよね。今回はそんな方たち必見!『ダイエット中でも食べられるミスタードーナツ』のまとめを紹介していきます。また、ミスドを食べる上での気を付けるポイントも紹介していくので是非参考にしてみてください!

糖質が低い=カロリーが低いわけではない

ダイエットを行っていくなかで、気になるのが「カロリー」や「糖質」だと思います。しかし、「カロリー=糖質量」と思っている方は要注意です。カロリー(kcal)はエネルギーの単位であり、糖質だけでなく脂質やたんぱく質などの、エネルギーの総量のことを指します。ダイエット中に「糖質が低いものを選べば良い」と決めつけて食べてしまうと実はカロリーは高くて太る原因につながってしまうかも。特に、脂質の量によって、カロリーは大きく左右されるので糖質量だけを気にするのではなく脂質やカロリーもドーナツは注意が必要です。

ダイエット中でもセーフ!ミスド220kcal以下ドーナツ

ミスドを食べるうえでの注意点

飲み物はお水にする

ジュースなどの甘い飲み物は飲まないようにして水やブラックコーヒーなどにしましょう。

ドーナツを食べる前後の食事で調整する

食べすぎる日が2日続くのはNGです。ドーナツを食べた後の食事は消化の良いものを食べるようにしましょう。消化に時間がかからないものは野菜や炭水化物、タンパク質だと卵や魚がおすすめです!

次の日の体重は気にしない

次の日の体重が増えたとしてもそれは脂肪ではなく水分で増えただけなので、体重が増えたからといって次の日の食事を抜くなどの行為はやめましょう。逆に、消化に時間のかかる食べ物は、脂肪たっぷりのお肉や脂質が多いものです。

ストレッチやウォーキングを取り入れる

消化を促すためにも、摂り過ぎた塩分などを排出するためにも、軽い運動をすることはおすすめです。水分をしっかり補給しながら、血流やリンパの流れを促すことで、余分なものを排出しやすくしてくれます。激しい運動をするよりも、ストレッチや散歩、エレベーターを使わず階段で移動など軽めの有酸素運動が効果的です。普段の生活の中で少し意識するだけでも、運動量が上がり血流がアップします。自分の体力や体調に合わせて、無理のない範囲で行いましょう。

食べるときはしっかり楽しむ

罪悪感を感じながら食べるのはNGです!罪悪感を感じても感じなくてもカロリーは変わりません!せっかく食べるならよく味わって美味しく楽しく食べましょう!メリハリをしっかり持てばミスドを食べながらでも痩せることができますよ!

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です