Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム代表トレーナーの松本です!

今回は増量・減量をしているそれぞれの方にオススメする焼肉の部位についでです!

増量中に向いている・向いていない焼肉メニュー

筋トレ中は、脂肪をつけずに筋肉を増量するのは難しく、食事面でも気をつけないといけません。そのため焼肉でも、食べる肉に含まれている栄養素やカロリーに注意が必要となります。以下で筋肉の増量に向き・不向きの肉の部位を紹介していきます。

向いている部位

牛肉を食べたい場合は、ハラミ・ロース・ミノです。これらはタンパク質を含み、カロリーが高いので筋肉の増量に向いています。そして豚肉のロースと鶏肉のささみも、タンパク質を含みカロリーが高いのでオススメです!

ポイント

筋肉の増量には、タンパク質とカロリーが多く必要です。タンパク質を筋肉に変えるためにも、カロリーも多く摂ることが大事になります。そのためカロリーは、筋トレの消費カロリーよりも、食事で摂るカロリーを多めに摂るようにしましょう!

減量中に向いている・向いていない焼肉メニュー

筋トレをしていて筋肉を落とさずに減量するには、筋肉を増やすより大変です。焼肉は肉の部位によっては脂質が多かったり、カロリーも高いものがあり、脂肪や筋肉がつきやすいものがあります。

筋トレで減量中に向き・不向きの肉の部位を以下で紹介していきます!

向いている

牛肉ですと、ヒレ・レバー・ランプです。これらはカロリーを抑えながら、タンパク質も摂れます。そして豚肉のホルモンと鶏肉のむね肉も、タンパク質が摂れて低カロリーなのでオススメです!

向いていない

牛肉はカロリーが高いものが多く、減量中に向いているで紹介した肉の部位以外は、基本的におすすめできないです。そして豚肉のバラと鶏肉の皮は、カロリーがとても高いので、筋肉の減量には向いていません。

ポイント!

筋肉を落とさずに減量する場合は、タンパク質は摂りつつ脂質も少なくしてカロリーを抑えます。カロリーは消費カロリーよりも、食事で摂るカロリーを低くしなくてはいけません。このように焼肉を食べる際は、筋トレのカロリーより超えないよう、気をつけて肉の部位を選びましょう!

焼肉食べ放題に行く時のポイント

焼肉食べ放題では、肉の部位を選んで食べることと、野菜を大量に食べるのがポイントです。食後の筋トレは、エネルギーが補充された状態になるので、筋肉を育てやすく筋トレに向いています。また肉と野菜をバランスよく摂ることによって、筋肉を作るタンパク質やビタミンを摂ることができます!

筋肉の増量ならハラミ・ロース・ミノで、減量ならヒレ・レバー・ランプを食べましょう。野菜ですと、タンパク質も含んでいるブロッコリーが特におすすめです。この他にもエネルギーを摂れる米やビールもありますが、筋肉の増量なら米やビールは少量でも大丈夫です!

減量中はエネルギーを摂り過ぎると、脂肪になってしまうので、米やビールは控えましょう。

焼肉を食べる際のコツ&注意点

焼肉のタレを使わない

焼肉を食べる際のコツとして、焼いた肉に焼肉のタレをつけて食べるのはやめましょう。焼肉のタレは塩分が多いです。焼肉食べ放題で毎回肉にタレをつけて食べると、筋肉がつかないだけではなく、むくみや高血圧を引き起こす原因にもなります。そのため焼肉はシンプルにそのままか、少しの塩をつけて食べるようにしましょう!

野菜も一緒に食べる

肉と野菜をバランスよく食べるのも、焼肉を食べる際のコツです。筋肉を作るには、タンパク質とカロリー以外にも、ビタミンが必要となります。しかし野菜の摂り過ぎも、栄養バランスが崩れますので、バランスよく食べましょう。ちなみに野菜の中でも、タンパク質と多くの栄養素を含むブロッコリーが特にオススメです!

筋肉を作る目的別に肉の部位を選ぶ

目的に合わせて肉の部位を食べないと、余計な筋肉がついたり、思うように筋肉が増えなくなるので注意が必要です。そのために筋肉を増量したいなら、タンパク質を含み、カロリーが高い肉の部位。筋肉を減量したいなら、タンパク質を含んだカロリーが低い肉の部位を選びましょう。

筋トレは食後2~3時間後が最適

空腹時に筋トレをすると、エネルギーが足らず筋肉が分解してしまい、せっかくつけた筋肉が落ちてしまいます。また食後もすぐ筋トレをすると、消化不良を起こしやすいので食後2~3時間後に筋トレをすると効果的です。筋トレ後、筋トレ前そのタイミングに応じた食べ方をするようにしましょう!

ビールを飲むなら1杯ならOK

ビールは、炭水化物の一種の糖質が多く含まれているので、飲む量には注意が必要です。しかし、糖質はエネルギーの素のカロリーになります。カロリーがないとタンパク質は筋肉に変えられないので、焼肉でビールが飲みたい場合は1杯なら大丈夫です!

筋肉を減量したい場合は、カロリーの摂り過ぎに繋がってしまいますので、減量中はビールを飲むのをやめましょう。

米は少盛りならOK

米は炭水化物が多く含まれているので、食べる量に注意が必要です。炭水化物もエネルギーの素のカロリーとなります。そのため筋肉を作るうえでは必要な要素ですので、食べ過ぎないよう少盛りなら食べても大丈夫です。

ビールと同じように筋肉を減量中は、米を食べてはいけません。米の炭水化物は、カロリーとして消費出来ない分は、脂肪に変わってしまいます。脂肪がつくと減量が苦労するので、やめましょう。

筋トレ中の焼肉は食べ方を考えれば問題なし!

筋トレ中でも、筋肉の目的別に肉の部位を食べれば焼肉は大丈夫です!そして焼肉食べ放題は、筋トレ前に食べると効果的。焼肉も栄養バランスの偏りに気を付ければ、効率よく筋肉を作れます!美味しい焼肉を罪悪感なく楽しんだ後は、その後の筋トレもまた頑張っていきましょう!!

パーソナルトレーニングジム

CHANCEGYM

住所: 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS NAKAMEGURO 3F

「中目黒駅」より徒歩3分

「祐天寺駅」より徒歩7分

「代官山駅」より徒歩9分

TEL: 03-6451-0025

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です