Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム代表トレーナーの松本です!

今回はダイエット中にしっかりと痩せる効果が出る朝食について解説していきます!!

ダイエット中は朝ごはんを食べてた方がいいの?

ダイエットする人の中には、一日の総摂取カロリーを落としたいがために、朝ごはんを我慢する人もいますが、実はその行為、ダイエットには逆効果

人間の基礎代謝は、基本的にエネルギーを消費する動きになってからじゃないと上がりません。朝食を抜いてしまうと、体はまだエコ状態をキープしてしまい、エネルギーをできるだけ温存しようと働き出してしまいます。これでは、スムーズな脂肪燃焼は期待できないです。

朝ごはんは一日の活動のためのエネルギー源なので、糖質やタンパク質を意識したメニューにすることがポイントになります。朝ごはんではあまり低カロリーばかり意識しすぎず、バランスよく食べるのがオススメです

ダイエット中に朝ごはんを食べるメリット!減量中でも食べた方がいい理由とは?

代謝を上げ、脂肪が燃焼しやすいモードになる

どんなに筋肉がある人でも就寝中は代謝が低下していて、朝ごはんを食べることがきっかけで代謝が上がります。代謝が上がることで脂肪燃焼しやすくなり、痩せる準備ができますが、朝食を摂らないと脂肪を蓄えやすくなりがちです

朝食を摂ることはダイエットには欠かせないことで、糖質やタンパク質をバランスよく摂取しながらも、低カロリー・低脂肪に意識した献立づくりにするのがダイエットを成功させるコツといえます。

脂肪燃焼させられるように、基礎代謝が働くためのスイッチを入れてくれる朝食は欠かせないのです!

筋肉の分解を防ぎ、基礎代謝の低下を防ぐ

朝食の目的には一日の活動に必要なエネルギーを摂取することがあり、ダイエット中だからといって朝ごはんを抜いてしまうと、エネルギー不足になってしまいます。一日の活動に必要なタンパク質を朝食で摂取できないと、必要な分を確保するために筋肉を分解していってしまいます

筋肉量が減ることで基礎代謝が下がり、痩せる効率が悪くなってしまいかねません。

朝ごはんはまだ体が活動する準備が整っていないため、お腹いっぱい食べても夕食ほどは食べられません。低カロリー・低脂肪に意識した献立を意識しながら、バランス良く摂取するのがオススメです!

体の排便がスムーズになり、健康的な状態を作る

排便がスムーズにできず便秘になってしまうと内臓に負担がかかり、代謝が落ちてしまうため、しっかり排便できるよう朝ごはんを摂取することはとても重要です!

朝食を抜くと便秘解消に効果的な食物繊維が不足してしまい代謝が落ち、脂肪燃焼効率が下がってしまいます

脂肪が燃焼しにくくなると体重も増えやすくなり、ダイエットには悪影響を与えてしまうでしょう。まずは朝食で、腸の活動を活発にしてくれる食物繊維をしっかりと摂取しましょう。排便をスムーズにして脂肪燃焼効率を上げるためにも、朝食はとても大切なのです!

朝ごはんはどうすればいい?

洋食よりも和食を選ぶ!

ダイエット中の朝食で意識したいのが、タンパク質をしっかり摂り、低脂肪にすることです。朝食の定番であるおみそ汁には、みそや豆腐にタンパク質がたっぷり含まれていて、ダイエット中の朝食にオススメです!

洋食の場合、目玉焼きなどでタンパク質は摂取できるものの、パンに塗るバターやチーズなどには脂肪が多く含まれているため、摂りすぎてしまうと痩せるメニューとしては不適当になってしまいます。

代謝を上げるために食物繊維は豊富に摂取するように!

ダイエット中は食べる量を抑制してしまうことから、食物繊維が不足しがちになってしまいます。食物繊維が不足してしまうと便秘になり、代謝が落ちる原因になってしまうため、朝食では食物繊維をしっかり摂取できる献立にするのが、健康面から考えてもオススメです

朝食に最適なの食物繊維が豊富な食材としては、おひたしや、野菜多めのみそ汁などが挙げられます。

便秘になることを防ぎながら、健康面に意識し代謝を上げてダイエットしたいなら、意識して食物繊維を摂取していきましょう!

暖かい飲み物や料理を摂る

就寝中は、脳や体を休息させようと代謝量を減らすために、体温が1.5~2℃程度低くなっており、朝ごはんを食べることで体を目覚めさせ、代謝アップの準備をさせます。体温がなかなか上がらないと食も進まないので、暖かい飲み物や料理を摂り体温を上昇させるのがダイエットに効果的です

体温が上がることで代謝が上がり、脂肪燃焼しやすくなったりむくみが解消できたりなどの効果が期待できることから、特にみそ汁やホットミルクなどのタンパク質も一緒に摂取できるメニューがオススメです!

朝食で痩せるには、暖かい飲み物や料理を摂るのが効果的といえるのです!

摂取カロリーはできるだけ低くする意識

ダイエット中に朝食を摂ることは大切ですが、食べ過ぎると体重が増加してしまうため、たくさん食べても低カロリーに抑えることは当たり前でも大切です。体重を落とすには、一日の摂取カロリーを消費カロリーより少なく抑えることが鉄則なので、摂取カロリーが多くなりすぎないよう意識しましょう

スープやみそ汁、ヨーグルトなど、腹持ちがよくカロリーも抑えられるメニューがオススメです。お腹いっぱい食べながらも、一日の総摂取カロリーを意識して低カロリーに抑え、メニューを工夫するのが、オススメです!

朝食にプラスで取り入れて欲しいダイエット方法

食べるメニューではなく、食べ方を変える

食べるメニューだけでなく、食べ方も意識して変えることでより痩せやすくなります。

  • ゆっくり食べる
  • よく噛む
  • 野菜→タンパク質→脂質が多いもの→糖質の順番で食べる

ゆっくりよく噛んで食べることによって、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐとともに、消化を促進する働きを持つ唾液が多く出るので、太りにくくなります

また、食べる順番を工夫すると血糖値が上がりにくくなるため、脂肪がつきにくくなります。

運動をして、基礎代謝を高める

消費カロリーを高めるためには、基礎代謝を高めることが大切。就寝中に低下した代謝を高めるきっかけとなる朝食を食べるとともに、必ず運動するようにしましょう。

ダイエット初心者で運動に慣れていない人は、ストレッチや簡単な筋トレから始めましょう。例えば、意識して階段を使うなど、日常生活の中での運動量を増やしてみるのもオススメです

朝食をダイエットメニューにしつつ適度な運動を行い、健康的に痩せていきましょう!

昼食と夕食にも目を向ける

昼食と夕食は、朝食に比べてカロリーが高くなる傾向があります。例えば、昼食はガッツリめの定食をとる人もいれば、夕食に揚げ物をいっぱい食べる人もいる思います。

しかし、いくら朝食を気にしていても、昼食と夕食を好き勝手に食べていたら朝の努力が台無しです

本当に短期間で痩せたいという気持ちがあるなら、しっかりと昼食と夕食にも目を向け、改善していきましょう!

脂肪を抑え食物繊維や適度な糖質、ビタミンなどをバランス良く摂ることで健康面にも配慮しながら、ダイエットを成功させていきましょう!!

パーソナトレーニングジム

CHANCEGYM

住所: 東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS NAKAMEGURO 3F

「中目黒駅」より徒歩3分

「祐天寺駅」より徒歩7分

「代官山駅」より徒歩9分

TEL: 03-6451-0025

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です