Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム 中目黒の代表トレーナー松本です!

今回は『コーヒーのダイエット効果』について紹介していきます。

いきなりですが飲むだけで痩せる魔法の飲み物があったら、最高だと思いませんか?しかし残念ながらそんな飲み物はありません。しかし、ダイエットの味方になってくれるかも?という飲み物があります。それはなんとコーヒーです。私たちが普段何気なく飲んでいるコーヒーに、「実はダイエット効果があるかもしれない」という研究が報告されているのです。今朝飲んだコーヒーも、仕事中に味わうコーヒーも、ほっとひと息つくコーヒーも、飲み方や飲むタイミングの一工夫で、ダイエット効果が期待できるかもしれません。そこで今回は、コーヒーのダイエット効果と飲み方のポイントについて紹介します。

コーヒーにはダイエットに効果的なこんな成分が!!

コーヒーの代表的な成分として知られているカフェインですが実はカフェインには、ダイエットに効果的な「脂肪を分解・燃焼する働き」があります。また、カフェイン以外に、ポリフェノール(クロロゲン酸)という成分にも同じ効果があるといわれているのです!また、コーヒーには「ホット」と「アイス」がありますが、ダイエットのためであればホットコーヒーがおすすめです。ダイエットだけでなく、消化機能の観点から見ても断然ホットが良いですよ。ただし、熱いのが苦手だったり、夏の暑い時期にホットは飲みにくいという方はアイスコーヒーでもそのダイエット効果は十分に期待できます。

コーヒーはいつ飲めばダイエットに効果的?

カフェインとポリフェノールには、からだに蓄積した脂肪を分解・燃焼する効果がありますが、食後30分以内にコーヒーを飲むと、ついさっき食べた食事の脂肪吸収をより抑える効果があるといわれています。食後の血糖値の上昇を抑えて、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが過剰に分泌するのを抑える働きがあるのです。また、コーヒーに含まれる「カフェイン」には脂肪燃焼効果もあります。カフェインだけでもダイエット効果は期待できますが、さらに「クロロゲン酸」というポリフェノール成分も含まれていて、食後の血糖値の上昇を抑える働きと、体内のミトコンドリアを活性化して脂肪燃焼を促進する働きがあるのです。深煎りと浅煎りがある場合は「浅煎り」を選んだほうがクロロゲン酸の含有量が高いため、より高いダイエット効果が期待できるといわれています。また、ダイエットに効果的な運動の時にもコーヒーはおすすめです。コーヒーを運動の30分前に飲むことで、脂肪燃焼効果がよりアップするといわれています!ダイエット効果以外にも、コーヒーの香りによるアロマの力でリラックス効果や脳を活性化させることもあるみたいです。

ダイエット効果だけでなくむくみを取ってくれる効果も?

先ほどからお伝えしている通りコーヒーにはカフェインという成分が含まれています。カフェインには利尿作用があります。コーヒーを飲むとトイレにいく頻度が増えることがありますが、これはコーヒーの利尿作用が影響しています。 一方でむくみの原因は水分が体に滞留しているためであり、コーヒーの利尿作用はこの滞留を解消して、結果的にはむくみがなくなることに貢献するのではないかともいわれています。

コーヒーダイエットの基本は「ブラック」

コーヒーと言っても、無糖・微糖・加糖・カフェオレなど、様々な飲み方がありますよね?もしコーヒーダイエットを始めるのであれば、加糖の甘いコーヒーは絶対にNGです!ダイエット中はやはりブラックコーヒー一択です。

ブラックコーヒーが苦手な方は〇〇入れて解決!

ブラックコーヒーが苦手という方は、牛乳やクリーム、砂糖を入れてしまいがちですが、ダイエットの観点からすると牛乳やクリーム、砂糖はNGです。砂糖を摂取することで血糖値が急上昇してしまうのです。

# ブラックコーヒーが苦手な方におすすめの飲み方

・無脂肪牛乳を入れます。

・グラスフェッドバターやギーなど、ダイエット効果が期待できるバターを小さじ1杯入れます。

・ココナッツオイルを小さじ1杯入れます

缶コーヒーでも、インスタントコーヒーでもブラックであればOKです。ただし、添加物が入っていることがあるので、成分表示をきちんとチェックして注意するようにしましょう。

コーヒーダイエットをするなら「インスタント」よりも「ドリップ」がおすすめ!

コーヒーを気軽に楽しむことができる比較的安価なインスタントコーヒーですが、ドリップコーヒーに比べてカフェイン量が少ないことが分かっています。ダイエットに効果的なカフェインをより多く摂取したい場合は、ドリップコーヒーを選ぶようにしましょう。

コーヒーの飲み過ぎはデメリットも?

多くのメリットが挙げられる「コーヒーダイエット」ですが、デメリットがあるのも事実です。コーヒーを飲むにあたっての、注意点をきちんと理解して実践するようにしましょう。

まず1つ目は、胃痛や胸やけの原因になり得る可能性があるということです。空腹時に飲み過ぎると胃酸の分泌を促進するため、胃が荒れてしまうことがあります。

2つ目は、コーヒーには「タンニン」が含まれているため、歯の着色汚れに繋がるという点です。「タンニン」は着色汚れのほか、鉄分の吸収を阻害する作用もあるため、飲み過ぎには注意が必要です。

3つ目は、カフェインが交感神経を刺激して興奮状態になり、夜寝付けなくなってしまう恐れがあるという点です。カフェインに敏感な方は、寝る前は飲まないほうが良いでしょう。

そして4つ目は、妊娠中・授乳中はカフェインNGという点です。コーヒーを飲む場合は、カフェインレスのものを選ぶようにしましょう。ちなみに、カフェインレスのコーヒーでもクロロゲン酸が含まれている場合が多いです。

コーヒーダイエット意識する5つのポイント

上述したとおりコーヒーダイエットに効果的な飲み方をまとめてみると、次の5つのポイントにまとめることができます。

1.食後にブラックコーヒーを飲む

2.運動する30分前に飲むことで脂肪燃焼効果がさらにアップ。

3.基本はブラック。ブラックが苦手な方は無脂肪牛乳やココナッツオイルを入れると飲みやすくなる

4.インスタントよりもドリップコーヒー

5.飲み過ぎると胃が荒れてしまうので注意。カフェインに敏感な方も摂り過ぎないように気をつけよう

手軽に飲めるコーヒーですが、飲み方や飲むタイミングを一工夫するだけで、ダイエットに効果的な飲み物になるなんて、嬉しいニュースですよね!ただし、飲み過ぎには注意が必要です。カフェインの過剰摂取は、体に悪影響を与えることもあるので1日あたり4〜6杯に抑えるようにしましょう。あくまでも、コーヒーは、ダイエットの「手助け」をするものと考えて、運動や食事と合わせてとり入れてみましょう!!

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です