Blog

更新日

こんにちは!CHANCE(チャンス)ジム 中目黒の代表トレーナー松本です!

今回は『夏までにダイエットを成功させるためには?』ということについて太るメカニズムと合わせて紹介していきます。

夏になって薄着になると隠せなくなってくる、ぽっこりお腹やぷるぷるの二の腕。「水着を着て海で泳ぎたい」「ノースリーブやショートパンツで夏らしいコーディネートを楽しみたい」という想いはあっても、自分の身体が気になって足踏みしている方は多いのではないでしょうか?きっと少なくないはずです。もし、夏までの間にダイエットに挑戦するなら、あらかじめ「なぜ太るのか」「夏のダイエットを成功させるにはどうすればよいか」という点について知っておくことが大切です。そこで今回は、太るメカニズムと合わせて、夏までにダイエットを成功させるコツについてご紹介します。いつからダイエットに取り組めば良いのか、具体的にはどのような点に気をつけるべきなのかをしっかりと理解して、効率よく理想の身体を目指していきましょう。

そもそもなぜ太るのか

食べすぎと運動不足は、最も有名な肥満の原因です。肥満の最も単純なメカニズムは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ったときに起きる、というものです。つまり、摂取エネルギーが増え、消費エネルギーが減ると、肥満になります。食べすぎは摂取エネルギーを増やし、運動不足は消費エネルギーを減らすので、肥満の2大原因と呼んでも過言ではありません。日本人の1日における必要摂取カロリーは、女性で1,950~2,200kcal、男性で2,400~2,750kcalといわれています(身体活動レベルが「普通」(軽い運動や散歩をする)の場合)。つまり肥満を防ぐには、日々の生活や運動を通してこの必要摂取カロリー量以上のカロリーを消費しなければいけないのです。そのためには、暴飲暴食を避けるのはもちろん、普段から適度に運動する必要があります。

実は夏は太りやすい!?

夏になると、夏バテで食欲不振になり痩せてしまったという人がいる一方、夏に太ってしまったという人も多いのではないでしょうか。人の体は恒常性(ホメオスタシス)の働きにより、暑くても寒くても常に体温を36~37℃に保っています。体温と外気の温度差があればあるほどカロリーの消費量や基礎代謝量が増加するという理由から、夏は冬のように体の中で熱を産生する必要がないため基礎代謝が低くなる傾向があります。また、夏は暑さをしのぐために車移動が増えたり、極力室内で過ごすことが多くなり、外で体を動かす機会自体も減る傾向にあるため活動量が低下します。このように、夏は基礎代謝や活動量の低下により、体の中に余分な脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。

夏までに痩せるにはいつからダイエットを始めれば良いの?

結論からいうと、ダイエットを始めるタイミングに決まりはありません。ただ、いつ始めるかによってダイエットの厳しさや内容は変わります。例えば、夏目前に始める(ダイエットに取り組む期間が短い)と厳しさが増します。そのため、自分の性格やライフスタイルを考慮してタイミングを決めることが大切です。例えば、「なるべく短期間で成果を出したい」「厳しいダイエットにも取り組める」という方は、2〜3ヶ月前からダイエットに取り組むのがベストです。仮に、薄着になり始める6〜8月までに痩せたい場合は、3〜5月・4〜6月の春ごろから始めると良いでしょう。2〜3ヶ月と短期間なので集中的に食事制限や運動に取り組む必要がありますが、その分ダイエットを習慣化しやすいため、無理なく理想の身体を目指すことができます。反対に「マイペースにダイエットしたい」「ゆるやかなダイエットに取り組みたい」という方は、6ヶ月前からダイエットに取り組むのがおすすめです。仮に薄着になり始める6〜8月までに痩せたい場合は、前年の12月〜1月にかけての冬ごろから始めるということになります。6ヶ月と長期間なので、すぐに成果を感じられなくても慌てる必要がなく、マイペースに理想の身体を目指せます。また、「忙しくて筋トレできなかった」という日があってもリカバーしやすいので、肩の力を抜いてダイエットに取り組むことが可能です。短期間と長期間、それぞれに良さがあるので「自分にはどちらが合っているのか」をよく考えて、ダイエットを始めるタイミングを決めましょう。ストイックな方は短期的なダイエット、継続力のある方は長期的なダイエットに向いているでしょう。

夏までに痩せるにはいつからダイエットを始めれば良いの?まとめ

  • ダイエットを始めるタイミングに決まりはない
  • 「なるべく短期間で成果を出したい」という方は、2〜3ヶ月前からダイエットを始めるのがおすすめ
  • 「マイペースにダイエットしたい」という方は、6ヶ月前からダイエットに取り組むのがおすすめ
  • 自分はどちらが合っているかよく考えて、タイミングを見計らうことが大切

夏までにダイエットを成功させるために大切なこと4選

それでは、夏までにダイエットを成功させるには、具体的にどのようなことを意識して取り組んでいけば良いのでしょうか。以下で、とくに着目すべき4つの大切なことをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

筋肉量を増やす

夏が太りやすい季節といわれているのは「冬に比べて基礎代謝が低いため」です。 基礎代謝が低いと摂取エネルギーが十分に消費されず脂肪として蓄積されてしまうので、ダイエットを成功させるには「消費エネルギーの量を増やす」必要があります。そこで大切になってくるのが、筋トレを行って筋肉量を増やすことです。筋肉1kgあたりの消費エネルギーは約13kcalなので、筋肉量が増えればその分消費カロリーも増加します。 消費カロリーが摂取カロリーを上回れば太りづらい身体になるため、夏までに筋トレを通して筋肉量を増やすことはダイエットを成功させるうえでとても大切です。

食事管理を行う

ダイエットを成功させるために食事を控える方がいますが、これはあまり望ましくありません。とくに夏は暑さで食欲が低下してしまうかもしれませんが、まったく食べないダイエットは健康上良くありません。ダイエット中も栄養面に配慮しつつしっかりと食事を摂ることが大切です。肉類や魚類、野菜、豆類などをバランスよく摂取することを心がけましょう。また、夏までにのダイエットを成功させるには「身体の冷え」を防止することが大切です。きゅうりやトマト、なすなどの夏野菜をはじめ、スイカやパイナップル、マンゴーは身体を冷やすといわれています。ですので、ダイエット中の摂取はなるべく避けるようにしましょう。

体を冷やさない

夏までに痩せるには、まず「身体を冷やさないこと」が大切です。暑い日が続くと氷がたっぷり入ったジュースやアイスクリーム、冷やしそうめんなど、冷たい飲み物・食べ物が恋しくなるかもしれません。適量であればこれらを飲み食べしても全く問題ありませんが、過剰に摂取することは望ましくありません。たとえば、冷たい飲み物・食べ物をたくさん摂り身体が冷えると、熱を逃がさないよう血管が収縮するため、血行が悪化してしまいます。さらには自律神経が乱れてしまい、結果として基礎代謝が低下してしまうという恐れもあります。繰り返しになりますが、基礎代謝が低下すると消費カロリー量も低くなってしまうので、太りやすく痩せづらい身体になってしまいます。 そのため、暑いからといって日頃から冷たい飲み物・食べ物ばかり摂るのは避けることが大切です。

血行を良くする

上記の「体を冷やさない」でも述べたように、身体が冷えると血管が収縮するため、血行不良を引き起こしやすくなります。血流の流れが滞っている場合、基礎代謝も低下している可能性が高いので、放っておくと痩せづらい身体になってしまう恐れもあります。そのため、「38~40度の湯船に浸かること」「ストレッチをすること」などを習慣化して、血行不良の防止に努めることが大切です。夏は身体が冷えやすく、その要因には冷たい飲み物・食べ物の摂取のほかに、薄着やエアコンの低音度設定などもあります。食生活に十分気をつけていても、ほかの原因で気づかぬうちに身体を冷やしてしまうこともあるので、日頃から「身体を冷やさない意識」を強く持つようにしましょう。

理想の体を手に入れて今年はいつもより夏を楽しもう

夏はまだ来ないと思っていても意外にすぐ来てしまうものですよ。「夏までに痩せたい」というのであれば、今回ご紹介した夏に太りやすい理由やダイエットを始めるタイミング、そして夏のダイエットを成功させるために大切なこと4つをきちんと理解することが大切です。そうすれば、効率よく理想の身体に近づ具ことができます。ただ、中には「ひとりでダイエットするのは不安」という方もいるかもしれません。そのような方は、ぜひCHANCEGYMの利用を検討してみてください。専門的な知識・技術に優れたプロのトレーナーがサポートさせていただきますので、二人三脚でお客様の目標の身体の達成を目指せます。もちろん、筋トレをはじめとするトレーニングだけでなく、食事面についてもアドバイスしているため、身体の中からダイエットにアプローチすることが可能です。「短期間のダイエットで痩せたい」「ひとりだと心細い」という方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

満足できなかったら

全額返金保証

まずは、無料体験トレーニングをしませんか?
カウンセリングのみも可能です